食あたりの治し方について

食あたりの治し方には、お家でのセルフケアで治す場合と病院の受診で治す場合の2種類があります。
セルフケアで治す場合には、具体的になぜ食あたりになったのかという心当たりがある場合で、例えば、暴飲暴食や飲酒の量がいつもより多かったなど予想がつくときに行います。
また症状も下痢・嘔吐という一般的な症状の場合です。
ただし、ホームケアで安静にし、様子をみていてもよいのは2日ぐらいまでで、改善する様子が見られない場合は、すぐに病院への受診にきりかえたほうがよいでしょう。
 一方で、病院を受診する必要がある場合は、症状が下痢、嘔吐といった一般的な症状のほかに、粘膜の混じった便、便の色が普段と異なる赤、黒、白、緑などの場合や、下痢が長期にわたって続く場合です。
そのほかに、発熱や重い腹痛が続く場合も、受診が必要な目安になります。
こういった症状には、感染性胃腸炎や内臓疾患などの原因から症状が出てきている場合もあるためです。

輸入住宅 愛知

捨てられないものは大阪のサイクルショップへ

関連メニュー

更新情報のお知らせ

Copyright食あたり 治し方 All Rights Reserved.

食あたり 治し方