食あたりの治し方と対処法とは

突然の腹痛に見舞われる食あたりの症状は、菌やウイルスが原因です。
そしてタイプによって症状が様々です。
もっとも多いのが下腹部にかけて激しい腹痛と、下痢や嘔吐が伴うタイプ。
また菌によっては高熱が出てしまうタイプもありますし、血便が出るタイプなどもあります。
そこで、どのような治し方や対処法があるのかまとめてみました。
まず症状があまり酷くない時はしっかりと水分補給をし、脱水症状に気をつけて体をいたわりながら安静にしていることです。
軽い症状の場合は数日で治まります。
基本的に腹痛になった場合は、トイレに行くと少しは楽になります。
腹痛で下痢になるのは体外に排出しようとする人間の防御機能なので、下痢止めはできるだけ使用せずに早くトイレに行きましょう。
しかしあまりにも吐き気がひどくて水分補給が出来なかったり、何度もトイレに駆け込んだり、高熱で意識が朦朧としたり血便の症状がある場合には、医療機関にて受診することが大切です。
また注意が必要なのはお年寄りや子供の場合です。
食あたりになっても自分の症状に気づけないので、すぐに重篤化してしまう恐れがありますので、周りの人が気をつけるようにして下さい。

Copyright食あたり 治し方 All Rights Reserved.

食あたり 治し方