食あたりの原因と対処法

食あたりの主な原因は、食品中の細菌や化学物質、自然毒です。
夏場は高温多湿の環境が影響して微生物による食あたりを起こす人がかなり増えますので、十分に気をつけなければなりません。
治し方としては、下痢の回数が多かったり意識が朦朧としていたり嘔吐が止まらない等の酷い症状に見舞われている時には医療機関を受診するのが一番です。
下痢や嘔吐は脱水を引き起こしますので、重症化する前に適切な処置を行う必要があります。
症状が軽い場合や医療機関を受診した後は、水分をこまめに摂取して脱水が起こらないように気を付けます。
冷たい飲み物を摂取するとスッキリしますが、胃腸を刺激してしまいますので常温の飲み物にします。
食事は、嘔吐が酷い時には少しの間摂らなくても構いません。
落ち着いてきたら、便と同じような柔らかさのものから始めます。
医師から重湯やおかゆを指示されたらその通りに進めていき、少しずつ一般食に移行していくと安心です。

Copyright食あたり 治し方 All Rights Reserved.

食あたり 治し方